メニューをとばしてメインの本文へ

高野山 霊宝館(れいほうかん)

メインの本文はここからです

トップページ > 展覧会について > 特別展・企画展 > 春期企画展「ほとけさまと動物たち」

展覧会について

特別展・企画展

令和2年度春期企画展「ほとけさまと動物たち」
Buddhas with animals
−A study of the design in art of Esoteric Buddhism: the images from creatures−
期間:令和2年4月18日(土曜日)〜7月5日(日曜日)

前 期:令和2年4月18日(土曜日)〜5月24日(日曜日)
後 期:令和2年5月26日(火曜日)〜7月5日(日曜日)
※会期中無休 ※期間中、一部展示替を行います。
※国際博物館の日に協賛し、5月18日(月)を無料拝観日とします。

古来より人々は、さまざまな動物たちと関わりながら生活してきました。信仰の世界においては彼らの、人間には無い能力に畏敬の念を込め、神仏の使い、あるいは乗り物などの役割を与えられ、神格化・仏格化されています。また多様な姿は、装飾デザインとしてもあらゆる場面で目にするかと思います。本展では仏教・密教の世界にみられる身近な動物、日本にはいない動物、空想上の動物などを高野山に伝わる宝物を通じてご紹介します。


【主な展示予定品】
国宝 仏涅槃図〔4/25(土)〜5/10(日)展示〕 金剛峯寺
国宝 金銀字一切経 金剛峯寺
重文 両頭愛染曼荼羅図〔前期〕 金剛峯寺
重文 普賢延命菩薩像〔後期〕 正智院
重文 舞楽装束類(天野社伝来)のうち蛮絵袍 金剛峯寺
重文 蝶形磬  親王院
未指定 馬頭観音立像 金剛峯寺
    ほか
国宝3件7点 重文13件20点 未指定40件を含む合計約80点を展示
※文化財の状況により展示内容が変更する場合があります。

同時開催

小特集「写真でみる高野山の登録有形文化財(建造物)」

関連イベント

〇ミュージアム法話(お坊さんによる法話と展示解説)

5月9日(土)、 6月20日(土)、 7月11日(土)
いずれも13時より約45分間 / 予約不要、参加費無料(要拝観料)

〇ミュージアムトーク(学芸員による展示解説)

4月29日(水・祝)、 5月18日(月)〔国際博物館の日〕
13時30分より約1時間 / 予約不要、参加費無料(要拝観料)

※新型コロナウイルスの影響により、イベント日程は変更する場合があります。

紺紙金字一切経
左:国宝 仏涅槃図【4/25(土)〜5/10(日)展示】 / 右:重文 普賢延命菩薩像【後期展示】

紺紙金字一切経
左:重文 舞楽装束類(天野社伝来)のうち蛮絵袍 / 右:重文 蝶形磬


 このページのトップに戻る

トップページ > 展覧会について > 特別展・企画展 > 春期企画展「ほとけさまと動物たち」

このページは以上です。