薬師如来について

1つもどる

 薬師如来(やくしにょらい)   

  薬師如来には、瑠璃光(るりこう)如来・医王如来の別名があります。 薬師や医王の名のとおり、病を治癒する徳を表す仏で、古来、大衆から歓迎されてさた仏です。 薬師如来像
 東方の浄瑠璃光世界の浄土の教主である薬師如来は、人々の救済のため十二の大誓願をたて ていますが、その中で第七として「いかなる薬もその効がなく、いかなる医者も治癒のてだて のない病といえども、薬師如来の名を聞いたときには、必ずその病を悉除せしめるであろう」 という誓願があります。薬師如来の誓願にはいずれもが死後の世のことではなく、この世に生を 受けて生きている人々を護り、病などの苦しみから救済するという特徴があります。

 ところが、一般に釈迦如来や阿弥陀如来とともに大衆にあがめられてきた仏である薬師如来 ですが、弘法大師の請来された両部曼荼羅図にはその姿がなく、古くより金剛界曼荼羅の成身 会東方の阿しゅく如来と同体とする説などの数説があります。


1つもどる