水 天とは

1つもどる



十二天の内の水天像

 水 天(すいてん)

 水天は梵名をバルナといい、古代インド神話では神・人の両世界を知る諸神の王とされ、天地を保持する神として尊崇されていました。また、司法神として昼を司る同伴神ミュトラに対し、夜を司る神ともされています。
 初め、水天は天界に住していましたが、のちに大洋の神、水の神、河の神となって水界を司る龍族の王とされるようになります。

 仏教にも早くから取り入れられ、四大(地水火風)神の一つとして、また、帝釈天・伊舎那天とともに人民を擁護する神として、様々な経典にその名が見られます。

 水の神である水天は、一切衆生に喜びを与える水の特性に例えて、その知恵により利益を与え潤し、悟りという果実を育て導き、様々な煩悩を洗い清めて除き、本来一切衆生自身に備わる菩提心(悟り)を目覚めさせる効力を持つとされます。

 密教では、その慈悲に満ちた水の徳をもって、八方天、十二天の一つに数えられ、西方護法天とされています。また、祈雨のために水天を供養する「水天法」が行なわれます。

 
水天像 血曼荼羅より

重文・両界曼荼羅図 金剛峯寺
血曼荼羅 胎蔵界
の水天像

1つもどる