毘沙門天について

1つもどる

重文・毘沙門天像 光台院

毘沙門天(びしゃもんてん)

 毘沙門天は須弥山(しゅみせん)の北方を守護する神の「多聞天」と同体といれれる護法神 の一尊です。インド名はベイシラマナといい毘沙門と漢字で音写されますが、 仏教を護り多くの仏の教えを聞くところから多聞天とも訳されています。主に四天王の一尊として 祀られる場合には毘沙門天と称し、単独で祀られる場合には多聞天と呼ばれる場合が多いようです。

 毘沙門天は、古代インド神話にでてくるクビラ(金毘羅とも音写)のことであるといわれ、 暗黒の神でしたが、次第に光明の神となり富の神として信仰されるようになったといわれています。 そのため、日本でも財宝や福徳を与える神として祀られています。やがて毘沙門は七福神の一神 とされたほか、吉祥天の夫ともいわれ盛んに信仰されました。また戦勝を祈願する神として特に 武士階級の人々の信仰を集めたようです。

その姿は、甲冑をつける武装の姿をし、邪鬼を踏み、左手に塔を捧げ、右手は宝棒か三叉戟(さんさげき)の武器を執るのが一般的です。また中国唐時代に異民族に、包囲された西域の城門に、不空三蔵の祈念によって出現し、城を護った伝える故事の像にならって、地神の肩や両手に乗った姿で表される兜跋(とばつ)毘沙門天像と称される姿の像もあります。
 胎蔵曼荼羅の最外院北方に描かれています。


1つもどる