弁才天について

1つもどる

弁才天十五童子像

弁才天(べんざいてん)

 弁オ天は、古代インドから信仰されてきた仏教の守護神で、豊満な女神像として表現され てきました。インドでは、サラスヴァティという名で河の神とし、水の恵みを与える神、河の怒 りをもって人間を誡(いまし)める神として人格化されて祀られたり、音楽の神として信仰され 吉祥天とともに尊崇されました。
 日本には古く奈良時代に伝えられましたが、衣食住や財宝など多くの幸せをもたらす幸福神と して一般に信仰されるようになったのは、鎌倉時代以降のことです。インドでの河川神の性格が 日本の水神信仰と結びつき、主に水辺に祀られ厚く信仰されました。特に、江戸時代頃から、財 宝の神様として七福神の一神にも加えられるようになりました。
 弁才天の姿には、二臂(ひ)の姿と八臂の姿の二種類があります。二臂の姿の時は、琵琶を弾 く姿が多く、八臂の姿は、河川神としての大いなる川の力と、美しい流れを表しています。


1つもどる