羅刹天とは

1つもどる



十二天の内の羅刹天像

 羅刹天(らせつてん)

 羅刹天は、梵名をラクシャス、ラクシャサという古代インド神話における鬼神です。羅刹とは、人肉を食べる暴悪な鬼の総称ですが、涅哩底(ねりてい)など、破壊や破滅を司る神や鬼の主尊が羅刹天です。仏教に取り入れられてからは、凶悪な煩悩を食い尽くす善神となって仏法を守護し、八方天、十二天中の一尊、西南方の護法神として祀られました。

 羅刹天のお姿は、二臂の坐像で表現されることがほとんどです。また、単独像で表されることもありません。いずれも十二天の一尊として、また両界曼荼羅や別尊曼荼羅外院の諸天像の一尊として配されるのみで、単独としての信仰は広がらなかったようです。

 
羅刹天像 十巻抄より

羅刹天像
重文・十巻抄 円通寺

1つもどる