帝釈天とは

1つもどる



十二天の内の帝釈天像


 帝釈天(たいしゃくてん)

 帝釈天は梵語でシャカラデバーナ―ンインドラといい、帝釈天の「帝」はインドラの漢訳、「釈」は、インドラの別名であるシャカラの音からきたのではないかと思われ、有力、有決の意味があります。古代インド神話では最強神とされ、二頭立ての馬車や象に乗り、金剛杵をとって毒竜と戦う戦闘好きな神であるとされていますが、雨を降らせ大地に実りを与える神とも、太陽神としても信仰されました。

 仏教に取り入れられた帝釈天は、須弥山頂のトウ利天、喜見城というところに住み四天王を従える天主として、梵天などとともに仏法を守護する役割を与えられ、十二天、八方天中の一尊に数えられる東方の守護神となりました。

  梵天や四天王像とともに仏法守護神として信仰され、単独で造像されたり祀られることは少ないようですが、「柴又の帝釈天」として一般に親しまれている、東京都葛飾区題教寺は特に有名です。 

帝釈天像 十巻抄より

重文・十巻抄 円通寺

帝釈天像

1つもどる