五大力菩薩について

1つもどる

五大力菩薩

 五大力菩薩は、千宝相輪を持った金剛吼、金剛灯を持つ竜王吼、金剛杵を持つ無畏十力吼、 千宝羅網を持つ雷電吼・五千剣輪を持つ無量力吼の恐ろしい忿怒(ふんぬ)の 形相すさまじい五菩薩の総称です。中国で訳された『仁王般若波羅蜜経』によりますと、 三宝(仏・法・僧)を護持する国王に対して、自ら赴いてその国を守護する仏であると 説かれています。そのため、奈良時代から五大力菩薩を本尊として鎮護国家・万民豊楽を祈る 「仁王会(にんのうえ)」が盛んに行われました。 国宝・五大力菩薩像 有志八幡講十八箇院

 平安時代になりますと弘法大師の請来の『新訳仁王経』により、五大明王と結び付き名称や姿が 変化して、菩薩の名称のもと忿怒形が採られました。

 一般に菩薩は、やさしく慈愛あふれる顔をしていますが、この五大力菩薩は恐ろしい顔で、 躍動感あふれる忿怒相であらわされています。これは国を守護し、外敵から国を守るという 役割から、忿怒すさまじい姿を示されているものと考えられます。また民間の信仰 盗難除けなどの種々の厄難から護る仏として信仰されました。


1つもどる