虚空蔵菩薩について

1つもどる

虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)

  虚空蔵菩薩は、大日如来の福智の二徳をつかさどっている仏といわれています。一般には 「智恵を授かる仏さま」として人々より信仰をあつめています。
虚空蔵菩薩像 宝寿院
 虚空蔵菩薩の信仰は、奈良時代にはすでにさかんであったようで、若かりし弘法大師もこの 菩薩を本尊とする「虚空蔵求聞持法」を阿波の太龍岳や土佐の室戸崎などで修行されておられます。

 虚空蔵とは、虚空が広大ですべてのものを包み込み蔵しているように、無量無辺の福徳や智恵を そなえ、人々に常にこの二つの徳を与えて、諸々の願を満たす大慈大悲の菩薩といわれています。

 また、虚空蔵菩薩の誓願に「人には三期の厄あり。その厄災のうち、とりわけて変体の厄を除き、 智徳を与え、二世の願いを成就せしめん」という項目があります。ここでいう「変体」の厄とは、 子供から大人に変わるときのように、人間の身体が変化するとときの厄を重視して、この誓願をた てられたといれれています。
 また、インド以来の虚空蔵菩薩への信仰は、星宿、日月などの星神の信仰とも深く関係をもっ ています。
 胎蔵曼荼羅の虚空蔵院の主尊として、また釈迦院の主尊釈迦の右脇侍に描かれています。


1つもどる