メニューをとばしてメインの本文へ

高野山 霊宝館(れいほうかん)

メインの本文はここからです

トップページ > 収蔵品紹介

収蔵品紹介

現在、高野山霊宝館では、国宝21件、重要文化財143件、和歌山県指定文化財16件、重要美術品2件、合計182件、約2万8千点弱を収蔵し、未指定品ともなると5万点以上を数える収蔵量を誇っています。

昭和36年(1961年)には大宝蔵と呼ばれる収蔵庫が増設され、また昭和59年(1984年)、平成15年(2003年)と続いて、近代的な収蔵庫が設立されました。

主な収蔵品

収蔵品イメージ写真


仏に関する基礎知識

仏の種類と概要を説明しています。

ご注意

画像を無断使用することはできません。
書籍等に掲載を依頼される場合は【写真などの利用について】をご参照ください。

 このページのトップに戻る

トップページ > 収蔵品紹介

このページは以上です。